読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makistove315

まきすとーぶさいこー

朝食で使えるBGMランキング 〜クラシック編〜

音楽

朝、仕事に行く前にクラシックを聴きながら、ゆっくりと朝食を堪能する。

 

そんな事、考えただけでも腹が立ちそうだが。

 

これから仕事で戦おうと自分自身を鼓舞している最中に、f分の1揺らぎでへにゃへにゃにされちゃあかなわんよ。

 

これが日本のサラリーマンの本音。

 

仕事前には向かないと思う。あくまでも、休日の朝食用だ。

それに、子供の発育のため?子供の脳の発達のため?その効能はよく分からんが、取り敢えずランキングを考えてみた。

 

 

第3位

ハイドン  -   チェロ協奏曲第1番1楽章

Cello Concerto in C, H.VIIb, No. 1: 1. Moderato

Cello Concerto in C, H.VIIb, No. 1: 1. Moderato

朝から眠くなってもいけない。

子供の事を考えると、荒々しい曲で荒々しい人間性が身に付いてもいけない。

程よく響くチェロが朝食に合います。

 

 

 

第2位

ショパン  -   華麗なる大円舞曲

ワルツ 第1番 変ホ長調 作品18《華麗なる大円舞曲》

ワルツ 第1番 変ホ長調 作品18《華麗なる大円舞曲》

  • アリス=紗良・オット
  • クラシック
  • ¥250

爽快感が心地よい。ショパンは朝に合う。

 

 

 

 

第1位

 ショパン  -   アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ

 

とにかく、出だしが優しい。 

寝起きでいきなりマックスの音量の目覚まし時計で起こされたら、その日一日は不快感が残るでしょう。

逆に、耳元で優しく「朝ですよ。」と美女にささやかれたら、その日一日無駄に頑張っちゃいます。

この曲は勿論、ささやき派です。