読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makistove315

まきすとーぶさいこー

カフェで使えるBGMランキング 〜ゆったりジャズピアノ編〜

音楽

初めて入るカフェには、毎度特別な思いがある。

 

料理は美味しいだろうか。コーヒーは美味しいだろうか。

 

店員の接客はどうだろうか。雰囲気はどうだろうか。

 

この店は今後も使えるだろうか。

 

 

料理、飲み物、店員、雰囲気。いずれも外せない要素ではあるが、もう一つ。これだけは譲れないというものが、音楽である。

 

カフェの用途は、友人との会話、一人での時間潰し、待ち合わせ等々。基本的には静かに過ごす事が多い。

 

そのため、BGMは心地よいピアノが最適なのである。

 

そこで、万人受けする必ず使えるジャズピアノランキングを紹介しよう。

 

 

第3位

 Gelly Mulligan  -   Night Lights

 

うーん、何回聴いても渋い 。

バリトンサックス奏者のGelly Mulliganの奏でるピアノであるが、この曲が流れた瞬間からその空間の時の流れが穏やかになる。

バーの方が似合うかな?夜向きかな?

まぁいいでしょう。

 

 

第2位

Steve Kuhn -  Autumn Leaves

Autumn Leaves

Autumn Leaves

  • Steve Kuhn
  • ジャズ
  • ¥150

ホントに枯葉?枯葉感ゼロだが、まあ良し。

これも夜向きか?バー向きか?まあ良しとしよう。

色気が半端無い。

 

 

第1位

Steve Kuhn - Body and Soul

Body and Soul

Body and Soul

  • Steve Kuhn & ハービー・シュワルツ
  • ジャズ
  • ¥150

曲名通り。身も心も、とろけます。

スティーブキューンは、独特の間がある。

一言で表現すると、「ゆったり」であるが、それだけでは表しきれない魅力がある。

 

この曲を、カフェでコーヒーを飲みながら過ごす。

贅沢な一時でしょう。

 

 

 

という感じで、1.2.3共に若干夜向きになってしまった感があるが・・・

 

個人的には、カフェではゆっくりしたいんです。