読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makistove315

まきすとーぶさいこー

トッドの予言

フランスの人口学者であるエマニュエル・トッドは、

  ・英国のEU離脱

  ・トランプ大統領の誕生

を的中させた。

過去にも、

  ・ソ連崩壊

  ・米国の金融危機

  ・アラブの春

等を的中させており、氏の発言は最近、「トッドの予言」として崇められている。

 

トランプ大統領の誕生は、リベラル派のメディアを見ている限り、絶対に有り得ないことだと思い込んでいたが、現実には白人労働者階級層の溜め込んでいた不満はかなりのものだった。

 

トランプに票を入れたのは、「非大卒白人労働者階級層」である。

彼等はピラミッドの頂点に立つ「大卒野郎」に利益を貪り取られた、自分たちは虐げられている。と、勘違いをしている。

 

 

大卒がグローバリズムの戦いに負けないよう、家庭を犠牲にして仕事漬けになっている間に、毎晩家族と食事をし、休日を満喫していたツケだとは思わない。

 

 

 

勘違いも甚だしいが、この非大卒白人共がグローバリゼーション・ファティーグにより謀反を起こした結果、成功してしまった。

 

トッド氏は「教育格差の怒り」と表現しているが、現在の潮流を「産業革命より重要な移行期」と位置付けている。

 

この出来事は、中卒高卒の「革命」である。

 

マルクス主義的な「経済的な階級」ではなく「教育的な階級」である。

 

本年5月のフランス大統領選で、これまたポピュリスト・ルペン君が当選しフランスもEU離脱となると、もはや・・・

 

レーガンサッチャー時代からのリバタリアニズムの宴は、終焉を迎えようとしている。

 

 

・・・

 

 

さて、海の向こうの出来事にはどうしても実感が湧かない。

 

EU・アメリカよりも日本はどうなんだ。

 

日本はどうなるのか。トッド氏は日本に関して

 

「日本の問題は、完璧を求めすぎている点にある。」

 

旨を述べている。

 

日本は、「不完全さ、無秩序さを受け入れるべきだ。」と。

 

日本の「家」を大事にする風習が、結婚、出産に対するハードルを上げているため、少子高齢化が止まらない。

 

さらに、移民を受け入れることによって、少子化を補うべきだ。

 

結婚、出産、移民の受け入れは、不完全、無秩序である。

 

日本は不完全化、無秩序化することによって復活する。

 

従来の価値観考え方からいかに脱却するか。と。

 

 

どちらに転んでも、「昔はよかったなぁ」と回想する日が来る。

 

 

 

 

 

アメリカの強み

トランプ大統領の誕生から1ヶ月以上が経過し、施政方針演説もまさかの高評価であった。流石に最近は落ち着いてきた感がある。

 

リベラル派はこぞって、アメリカはもう終わりだ。等と泣き叫んでいたが、彼等彼女等は未だに泣いているのだろうか。

 

カナダへの移住サイトにアクセスが集中してパンクしたらしいが、もう移住の手続きは済んだのだろうか。

 

 まさかとは思うが、あんだけ騒いだんだから、もう諦めた。なんてことはないだろうな。

 

トランプ相場で、ちょいとキャピタルゲインをゲットしたからって、

 

 

「あなた。久しぶりにディナーでもどう?」

「新しいレストランがオープンしたみたいなの!セミフォーマルでちょっとオシャレしてさ!ねぇ行こうよぅ。」

 

「おぅ、そうか!シャンパンでも開けるか!」

「奮発してオーパスワンもいっちゃおうかな。」

 

・・・

 

「それじゃあ、カンパイ!」

 

「ねぇ、このシャンパンの泡の音はね、シャンパーニュ地方では『天使の拍手』と古くから言い伝えられているらしいわよ!」

「まるで、私たちの幸せな人生を祝福してくれてるみたいね。」

 

「そうだな。 」

「このグラスに入ったシャンパンのように。留めなく湧き出てくる泡のように。」

「下から上へと登り続ける泡のように、株価も上がり続けますように。」

 

「ガハハハー!笑いが止まんねぇぇ!」

 

 

 ・・・

 

 

なんて浮かれてんじゃないだろうな。

 

アメリカは賛否両論あるが、各分野で未だに「世界一」であることは間違いない。

 

経済、文化、学問、スポーツ、軍事力。

 

反面教師的な部分も多くあるが、学べるところも当然多くある。

 

リベラル派のメディア(日本のほとんどのメディア)を見ていると、アメリカの批判しかしないため、もう学べるところは何もないかの如く錯覚してしまう。

 

日本は素晴らしい。こんなに凄い。優れている等々。

 

学ぶべきところは学ばなければならない。

学び続けなければならない。

 

改善に改善を加える。トヨタ式のキホンだ。

 

学び続けるちから。これこそが日本の強みであるはずだ。

 

 

 

アメリカの強みのうち、個人レベルで今すぐに実践できるもの。それは、ペンタゴンの格言だ。

 

世界最強最大の軍隊は、最強の組織でなければならない。

 

強靭な肉体、精神力、頭脳。すべてが最高でなければならない。

 

ペンタゴンの壁には、次の様な格言が掲げられているらしい。

 

「日常でできるだけ汗を掛け。そうすれば戦地で血を流さない。」

 

戦地は極限状態が続く。肉体が強くなければならないのは当然であるが、心も壊れてはならない。

 

自衛隊の元メンタルトレーナー下園壮太氏もその著書の中で、

 

「優秀な人間が突然。心が折れてしまうということが多くあった。」

「その多くは、疲労が関連していた。」

「疲労を溜めないためには、良質な睡眠が必要であるが、良質な睡眠には、適度な運動が必要である。」

「隊員には必ず、汗が出るほどの運動をさせていた。」

 

等と述べていた。

 

仕事を優先している人には分かるだろうが、気を抜くと、全く運動をせずに1ヶ月くらい音速で過ぎてしまう。

 

運動の時間は、強制的にスケジュールにぶち込まなければならない。

 

メンタルの不調を自覚したら、軽く汗を流す。

たったこれだけで、気持ちが軽くなるのを実感できる。

 

 

会社は守ってくれない。社会も守ってくれない。

個人レベルでの自己管理能力が必須である。

必須項目であるにも関わらず、誰も教えてくれない。

 

自分で学び、自分のことは自分で守らなければならない。

 

ペンタゴンからは、まだまだ学ぶ余地がある。

 

 

 

ダントツになりたいなら、「たったひとつの

ダントツになりたいなら、「たったひとつの

 

 

 

 

 

 

夫婦円満の秘訣

妻というのは、一年の大半が不機嫌である。

 

一年365日中、だいたい300日は不機嫌だ。

一週間で言うと、週6日は不機嫌という計算だ。

パーセンテージでいうと、85%だ。

24時間では、24×85%=20.4時間だ。

寝てる時まで不機嫌だ。

 

 

 

オーマイガーだ。

 

 

 

これは日本だけでなく、世界中で共通している事だろう。

 

離婚率の高さを見れば明らかであり、街中の女性達の顔を見れば明らかである。

 

スーパーなどで、子連れの女性を見てみるとよく分かる。

 

「結婚して、子供が生まれて幸せいっぱいだぁ。」

 

等と、浮かれきっている女性はほとんどいない。

 

ストレス、不平不満、疲労困ぱい。

生活費、住宅ローン、学費、保険。

夫の会社の未来、子供の未来、自分の未来・・・

 

脳内は、まるで我が国のデフレスパイラルのように、負のスパイラルに陥っている。

 

 

これを一撃で解決する方法。

 

それは、

 

「自由時間」

 

だ!

 

これしかない。これにつきる。全てはこれに収斂される。

 

妻が常日頃イライラしているのは、勿論、愚夫のせいであるが、自由時間のなさが神経を擦り減らし余裕を無くしている。

 

妻が、

 

「ちょっとくらい家事手伝ってよ。」とか、

「ちょっとくらい子供の事やってよ。」とか、

「いいよね、自分の事だけ考えて」とか、

「仕事が大変なのは分かるけど、私だって大変なのは同じなんだから。」

 

と言ってくる。

 

大半の男はバカだから、この言葉を額面通り受け取って、

 

「皿洗っただろ。」とか、

「オムツ変えただろ。」とか、

「この前バッグ買ってやっただろ。」とか、

「こっちは仕事で疲れてるんだ。」とか、

 

さすがに現代でこの言葉を言っちゃう勇者はいないだろうが、

「誰のおかげでメシ食えてると思ってんだ。」とか、言ってしまう。

男はバカなんです。

 

 

女性はそんな事を求めていない。

 

つまりは、一瞬でもいいから子供から離れて、ほんの少しでもいいから自分だけの「自由な時間」が欲しいだけなんです。

 

女性は「子供と離れたい。」と言うのは罪悪感があるらしい。

 

決して子供を蔑ろにしている訳ではない。

 

嫌いになった訳ではない。

 

しかし、「子供と離れたい 」という感情「子供を見捨てる」という行動の違いを言葉で説明するのは難しい。

 

子育てというのは、24時間365日一瞬たりとも目が離せない過酷なミッションである。

 

どんなにブラック企業でも、そんな酷い労働環境はないでしょう。

 

母親は、独りっきりで「子供の命」という重責を背負っている。

 

心身ともに過酷なんです。

 

そんなストレス下で戦っている横で、バカみたいに呑気に「ゴルフ」だとか、「打ちっ放し」とか、「会社の付き合い」とか行っちゃうと、

 

「いいよね気楽で。」等々、上記のセリフが次から次へと出てくるのである。

そりゃあヒステリックになるさ。

 

 

子供が生まれてから妻が豹変したと思っている男性は多い。

 

妻は心身ともに限界スレスレ、いっぱいいっぱいなんです。

 

一度は惚れた女性のはずだ。昔の可愛らしい妻を取り戻したかったら、妻に「自由な時間」を与えて欲しい。

 

 

 

まだ子供がいない人は、これだけは覚えておいてほしい。

 

将来子供ができたら、妻に「一人の時間」をあげて欲しい。

 

 それが何よりも、夫婦円満の秘訣です。

カフェで使えるBGMランキング 〜ゆったりジャズピアノ編〜

音楽

初めて入るカフェには、毎度特別な思いがある。

 

料理は美味しいだろうか。コーヒーは美味しいだろうか。

 

店員の接客はどうだろうか。雰囲気はどうだろうか。

 

この店は今後も使えるだろうか。

 

 

料理、飲み物、店員、雰囲気。いずれも外せない要素ではあるが、もう一つ。これだけは譲れないというものが、音楽である。

 

カフェの用途は、友人との会話、一人での時間潰し、待ち合わせ等々。基本的には静かに過ごす事が多い。

 

そのため、BGMは心地よいピアノが最適なのである。

 

そこで、万人受けする必ず使えるジャズピアノランキングを紹介しよう。

 

 

第3位

 Gelly Mulligan  -   Night Lights

 

うーん、何回聴いても渋い 。

バリトンサックス奏者のGelly Mulliganの奏でるピアノであるが、この曲が流れた瞬間からその空間の時の流れが穏やかになる。

バーの方が似合うかな?夜向きかな?

まぁいいでしょう。

 

 

第2位

Steve Kuhn -  Autumn Leaves

Autumn Leaves

Autumn Leaves

  • Steve Kuhn
  • ジャズ
  • ¥150

ホントに枯葉?枯葉感ゼロだが、まあ良し。

これも夜向きか?バー向きか?まあ良しとしよう。

色気が半端無い。

 

 

第1位

Steve Kuhn - Body and Soul

Body and Soul

Body and Soul

  • Steve Kuhn & ハービー・シュワルツ
  • ジャズ
  • ¥150

曲名通り。身も心も、とろけます。

スティーブキューンは、独特の間がある。

一言で表現すると、「ゆったり」であるが、それだけでは表しきれない魅力がある。

 

この曲を、カフェでコーヒーを飲みながら過ごす。

贅沢な一時でしょう。

 

 

 

という感じで、1.2.3共に若干夜向きになってしまった感があるが・・・

 

個人的には、カフェではゆっくりしたいんです。

 

鼻毛の苦悩

鼻毛は生物にとって、生き残るために非常に重要な役割を果たしている。

 

外界の細菌、ウイルス、カビ、ゴミ、塵、埃等々、有害物資が体内に入り込まないよう、最後の砦としてフィルターの役割を持っている。

 

しかし、社会的には邪険に扱われている。

 

例えば、就職面接。

 

鼻毛がボーン出ていたら、こいつ大丈夫か?となってしまう。

 

営業マンは尚更。

 

最近では、マンション、車等、高額なモノは女性に購入意思決定権があると言われている。

いくら夫が気に入っていても、妻がNOと言えばNOなのである。

下見の段階で、商品の魅力以前に、鼻毛の管理も出来ていない営業マンを出してくる、その企業の姿勢に不信感を抱くのである。

 

その程度のことに気が配れない企業からは、一生ものの高い買い物は出来ないのである。

 

たとえ、そのクソ女の命を陰で守っていたとしても・・・

 

どれだけ頑張っても、結果を残しても意味は無い。絶対に好かれることはない。

 

他にも、クソ女とのデートの時。

鼻毛が出ていたら一瞬にして好感度ダウン。絶対に見せてはならない。

まぁ鼻毛程度で嫌われるなら、そんな面倒臭いおなごはこちらから願い下げだがな。

 

 

人の命を陰で救っているにも関わらず、クソのように扱われる鼻毛。

 

それでも、めげることなく、文句も言わず、自分の仕事を全うする。

 

男気を感じる。

 

漢だな。

 

自分も嫌われようが、邪険に扱われようが、社会に対してはそんな存在でいたい。

自分の仕事は、鼻毛の如く全うする。

薪ストーブの魅力

薪ストーブは兎に角手間が掛かる。

 

薪を準備し、火を付ける。

 

火が消える前に薪を追加せなばならないため、炎の様子を常に監視する必要がある。

 

一酸化炭素も注意しなければならない。

 

スイッチ一つですべてが済むエアコンとは比べものにならない。

 

それでもなお、薪ストーブには人を惹きつける魅力がある。

 

「良い女ほど手が掛かる」というのがこの世の定めであるが、それと同じだ。

 

良いモノは手が掛かるのである。

 

 

パチパチと弾ける薪の音を聴きながら、穏やかに揺れる炎を鑑賞する。

思考回路は停止し、あっという間に時は過ぎていく。

頭痛あるある

頭痛がひどい。

 

頭痛持ちの人には分かるだろうが、できるだけ薬を飲みたくない。

 

水を飲んだり、安静にしたり、

 

深呼吸したり、瞑想したり。

 

軽いストレッチをしたり、ウォーキングしたり。

 

温めたり、冷やしたり。

 

色々と試行錯誤してみるものの、なかなか治らない。

 

そうこうしてるうちに頭痛が悪化して、結局、薬を飲む。

 

あぁ、今日も薬に手を出してしまった。

 

と、まるでシャブ酔れのように、罪悪感に苛まれながら、鈍痛が引くのを只々待つのである。

 

 

・・・

 

 

ひどい頭痛でもがき苦しむたびに思い出す本がある。それは、菊地成孔

 

「スペインの宇宙食

 

である。

 

本書は、

 

「ジェ ーン &マイケル ・スタ ーン夫妻の 『 T H E E N C Y C L O P E D I A O F B A D T A S T E (悪趣味百科 ) 』という本をアスピリン代わりにしている 。」

 

という書き出しで始まる。この部分を読んだだけで、十分に才能を感じるが、その後の文章でも、

 

「主にハ ートの疲労によって起こる偏頭痛に対して 、この本は非常に高い効果を発揮する 。自分は一体何てことをしているのだろう ?最初は胸痛だった粟粒のような刺がやがて頭部に登り 、それを鎮静しようとあがく高速の思考が血管を圧迫してやっかいな鈍痛が始まった 。そんなときに 「人工ホイップクリ ーム 」の項を開き 「何の面白味もない 、生乳だけで作られたホイップクリ ームは傷みやすいが 、人工ク ールホイップは何週間も保つ上に 、ソルビタン ・モノステアレ ートポリソルベ ート 6 0 、キサンタン ・ガムといった化学者好みの成分が盛りだくさんに含まれている 。ソルビタン ・モノステアレ ート 6 0の発ガン率は 1 9 7 1年の … … 」などと書いてあるのを読むと 、夢のように苦く楽しい感覚が訪れて 、頭痛が沈静化される 。」

 

・・・

 

と、謎の世界観に引き込まれていく。

 

 

そして、この本を読み進めるにつれて、気が付いた時には頭痛が無くなっているのである。

 

それが、アスピリンの効果なのか、菊地成孔の文章によるものなのか、それは分からない。

 

 

本職がジャズサックス奏者とは思えない文章力である。表現の一つ一つが脳に快楽物質を放出させる。

 

 

といったところで、今回もいつの間にか頭痛が治っていました。めでたし、めでたし。

 

スペインの宇宙食 (小学館文庫)

スペインの宇宙食 (小学館文庫)